明るい下ネタは言えても、真剣な下の相談はできませんよね

あそこの悩み 人に言えない

誰にも言えないシモの悩み、ありますか?
男女問わず、実は多くの人が人に相談できない悩みを持っているようです。

 

特に女性は人に言えないシモの悩みを抱えている人が多くいます。

 

女性の間でも下ネタを話すのが当たり前になってきた現在でも、「真剣な下の話」って意外とできないものですよね。

 

「話をしても共感してもらえないだろうな」という気持ちもありますし、「そんなことを相談してからかいの対象になってしまったらどうしよう」といった不安もあります。

 

そして、普段は見せずに生活している部分ですから、「とりあえず隠しておけば大丈夫」と、問題を先送りにしてしまっているのです。

 

けれど、いつかはその問題と向き合わないといけない日が来るでしょう。

 

それは、彼氏ができた時です。

 

最初のうちはごまかせたとしても、いつかはセックスをすることになるでしょう。
そうなった時、あそこの問題は大問題となります。

 

あそこの問題は基本的に「汚い」「臭い」ものばかりです。
男性は女性を「美しいもの」「良い香りのするもの」というイメージを持っていますから、こうした問題にとても敏感です

 

なかなか問題が解決できず、解決しないままにセックスの場に挑み、そのまま破局する人も少なくないようです。

 

あそこの悩みとひとくくりに言っても、さまざまな種類の悩みがあります。

あそこの悩み 人に言えない

日々の生活で困るようなかゆみ・おりものといった問題から、「いざ!」という時にだけ大問題になる黒ずみや臭いの問題まであります。

 

そして、悩みの大きさも異なってくるでしょう。

 

日常生活に支障を来たし始めたら、これはもう大問題です。

 

あそこの悩みは、他の部位と似たような症状だったとしても、「恥ずかしい」と考えてしまう人が多くいます。

 

例えば、「腕が痒い」と悩んでいる人のほとんどは、その悩みを恥ずかしがってはいません。
しかし、「あそこが痒い」と悩んでいる人は、ほぼ全員がそれを「恥ずかしい」と考えています。

 

そしてこの悩みをきっかけにして、人とのコミュニケーションが苦手になってしまったり、外出をするのが億劫になってしまうこともあります。

 

こうした状況に陥ってしまう前に、しっかりと問題と向き合って、解決の糸口を探してみましょう。

 

どんな問題でも、必ず解決方法はあります。

 

みんな、お金や手間をかけて「理想の自分」に近付いている

あそこの悩み 人に言えない

こうした問題を解決するためには、お金をかけなければいけません。
そして、手間のかかることをしなければいけないかもしれません。

 

「何で私だけ、こんなことにお金や手間をかけないといけないの?」
と、理不尽に思う日も来るでしょう。

 

けれど、ほとんどの人は「自分にとって不都合な体質」を持っています。
その不都合さと折り合いをつけて生活をするために、日々努力しているのです。

 

例えば、いくら食べても太らない人と、一口お菓子を食べただけで太ってしまう人がいます。

 

前者は、痩せる努力をせず、好きな物を食べながら、「スタイルがいいね」と褒められます。

 

しかし後者が「スタイルがいいね」と褒められるためには、スタイルを維持する努力をしなければいけません。

 

大好きなお菓子を我慢したり、運動をしたり、時にはエステに行ったり。さまざまな努力をしているでしょう。もちろん、お金だってかかります。

 

他にも、アレルギーで小麦や卵といった一般的に売られている食べ物が食べられない人は、食べる物を用意するのに非常にお金と労力を費やしているでしょう。

 

このように、人にはそれぞれ生まれ持った性質があり、その性質の中で「理想の自分」を実現するためにがんばらなければいけないのです。

 

あなたにとってそれがたまたま「あそこの悩み」という人に相談しにくい内容だっただけです。

 

努力をすれば、「理想の自分」に近付くことは必ずできます。
不満を原動力に変えて、問題解決に挑みましょう!

 

恋人ができれば避けられない問題。目をそらさずに向き合おう

あそこの悩み 人に言えない

他の部分よりもあそこの悩みが苦しいのは、気軽に人に相談できないといった点だけでなく、「恋人と過ごす時間に密接に関わってくるから」という理由もあるのではないでしょうか。

 

彼氏ができても、「もし別れる原因になったらどうしよう」と消極的になってしまいます。
その消極的なあなたの態度がきっかけで、問題にたどり着く前に別れることになった・・・なんてこともよく聞く話です。

 

もし彼氏がその部分を許容してくれたとしても、「本当はどう思っているんだろう」と疑心暗鬼になってしまうこともあるようです。

 

「いっそ、プラトニックな付き合いしかしなければいい」と考え至ってしまうかもしれませんが、それを押し付けてしまっては彼氏がかわいそうです。

 

あなたに愛情を持っているからこそ近付きたいと願ってくれている彼氏に対して、努力を放棄して「プラトニックでいましょう」というのは、かなり厳しいと思います。

 

問題を解決するためには、とても時間がかかるかもしれません。
だからこそ、今すぐ取り組みましょう。そして1日でも早く自信が持って彼氏と抱き合える「理想の自分」を作りましょう。

 

このサイトは、そんな風にがんばる女性を応援するサイトです。